フリーランス生活!えりんぎブログ

フリーランスの生活や働き方など、ありのままを発信します。

1周年記念 | 今の働き方に変わってから

こんにちは、えりんぎです。

今日、フリーランスになって1年になりました。

1年間、今までにない経験ばかりですごく学びになりました。

今回は1年目で学んだことを振り返ってみたいと思います。

経験から学ぶことができたこと

まずはフリーランスという立場で経験できたからこそ、学びにつながったことをお話させていただきます。

フリーランス

【学び1】新型コロナウイルスと同時に開始 | 営業の難しさ

フリーランスになると、自分で自分自身を売っていかなくてはいけません。

営業職の経験もあるので、営業の楽しさ、大変さは理解しているつもりでしたが、新型コロナウイルスが流行り始めたのも私がフリーランスになった時期とほぼ同じでした。

直接お会いして打ち合わせすることが当たり前でしたが、オンラインでの打ち合わせが主流になりました。

最初は戸惑いましたが、環境や自分自身の動き方もを柔軟にしていくことが必要だと思い知らされました。

【学び2】サービスの費用を値切る人や業者には気をつけた方が良い

「安価でも自分の実績をつけた方が良い」という意見もありますが、サービスを仕事として受けているのですから安価にお受けするのは避けた方が良いと思います。

同業の方に迷惑がかかるだけではなく、安価に要求が多いという質の悪い顧客が増える可能性が高くなると思いました。

また値切りばかりしてくる場合は基本的には仕事として受けない方が無難です。

【学び3】発信は積極的にする方が良い

これまで情報発信はあまり得意ではありませんでした。

なにを発信したら良いのか、発信することなんてないしな…と思っていました。

しかし発信しないと、たくさんの会社やフリーランスの方がいるので、見つけてもらえません。

見つけてもらえないとお仕事をもらえなかったり、どういうことをやっているのかを理解してもらえなかったりします。

まずは自分自身がやっていることを発信するということは大切だと実感しました。

【学び4】読書や交流含め、刺激は受け続けるようにする

組織に所属しているわけではないので、上司も部下もいません。

新しい情報に触れる機会が少なくなってしまいやすいので、自分で積極的にコミュニティやセミナーに参加したり、読書を通じた学びを積極的に取り入れていくことが大切だと実感しました。

またスキル面での自己研鑽についてはYouTubeでも良いですし、オンライン学習も充実しているので、それらを活用するのもオススメです。

今後もフリーランスでやっていけるように

フリーランスになることを恐る人もいます。

会社員時代の方が良かったなと思う人もいるかもしれませんし、実際に質問を受けたこともあります。

しかし私はフリーランスになったことを後悔していませんし、ずっと続けたいと思っています。

ようやく1年が経過しましたが、これからもクライアントさんのお役に立てるように頑張っていこうと思います。